■インストール

disk1を挿入し、コンピュータを起動。

グラフィカルモードかテキストモードか聞かれるのでグラフィカルモードを選択。

CD-ROMのテストをするか聞かれるので不要ならば"skip"を押す。

Welcome to Red Hat Linux
 ここからインストール準備作業の開始になります。

Language Selrction
 Japanese(日本語)を選択。

キーボード設定
 キーボードに"半角/全角"のキーがある場合はJapaneseを選択。ない場合はU.S.Englishを選択。

マウス設定
 3 Button Mouse(PS/2)を選択。必要なら3ボタンマウスのエミュレートをチェック。

インストールのタイプ
 サーバには必要最低限のソフトウェアをインストールしたいので、カスタムを選択。

ディスクパーティションの設定
 Disk Druidを使用してパーティション設定を選ぶを選択。

ディスクの設定
 すでに利用されている領域をすべて削除。
 /boot領域の作成
  マウントポイント /boot
  ファイルシステムタイプ ext3
  容量 100MB
  容量固定を選択
  不良ブロックをチェックを選択
 swap領域の作成
  ファイルシステムタイプ swap
  容量 256MB(搭載しているメモリサイズの2倍)
  容量固定を選択
  不良ブロックをチェックを選択
 /(ルート)領域の作成
  マウントポイント /
  ファイルシステムタイプ ext3
  最大容量まで使用を選択
ブートローダーの設定
 変更の必要無し。

ネットワークの設定
 編集をクリック
 インターフェイスeth0を編集
  起動時にアクティブにするにチェック。
  IPアドレス  192.168.0.2
  ネットマスク 255.255.255.0
  としてOKをクリック
 ホスト名 linux.xxxx.com   ← ホスト名+ドメイン名で記述
 ゲートウェイ 192.168.0.1   ← ルータのIPアドレス
 1番目のDNS  192.168.0.1   ← ルータのIPアドレス

ファイヤーウォール設定
 ファイアウォールは、ルータの機能を用いるので、ファイアウォールなしを選択。

言語の追加サポート
 Japaneseを選択。

タイムゾーンの選択
 アジア/東京を選択。

アカウントの設定
 root(管理者)のパスワードを2回入力。

認証の設定
 デフォルトのままでOK。

パッケージグループの選択
 最小を選択

インストール準備完了
 準備作業完了です。

パッケージのインストール
 インストール処理。途中で指示に従いdisk2を挿入。

ブートディスクの作成
 起動ディスクを作成。

インストール終了





  Red Hat Linux OS
    ダウンロード
    インストール準備
    インストール











リナックスでサーバ構築トップへ